2015年12月31日

60歳過ぎの、オヤジのホーチミン……78《アパートのお手伝いさん》

今年も終わりですね
いい年だったでしょうか?

私は、特にいいこともなし、悪いこともなし
しかし、人生で一番のんびりした?
のんびりしている年、だったでしょうか?
こんな1年もあっていいでしょう

今年は、3月の末に日本に帰れて
10年ぶりに桜の花が見れたのが、うれしかったです

中国では、お手伝いのことを「アイ」といいます
ベトナムでは「お信」といいます

わがアパートのお信が、またまた替わりました
このアパートに引っ越して来てから、12カ月なんですけど
お信は4人目、3カ月に一度替わるという計算になります
実際、ひとり、ほぼ3カ月で替わるのです
大家さんが、そういう「決め」でやってるんでしょうか?

今の新しいお信は、11月の始めからです
いままで、4人の中で、一番可愛いというか
愛想がいいのです

大家.jpg

この人は、お信ではなく、大家さん
陽気な大家さんで
全部を見たことはないんですが
お尻から、背中にかけて、でっかいタトゥーがあると思いますよ
クルマは、トヨタ、バイクは、ベスパに乗ってます
お金持ちなんですね
このショットは、私が足の指でシャッターを押しました《笑》
ここは、1階のロビー?フロント?なんです

いままでの三人のお信は、「こんにちは」と言っても
何のリアクションもありませんでした
今のお信は、あいさつはあるし、
いつも、ニコニコと笑いながら
言葉は通じないものの、話しかけてきます

歳の頃なら…………ワカラナイ
特に、私が、歳当てがヘタなんですけどね
26歳といえば、26歳に見えるし……
36歳といえば、36歳に見えるし……です
まあ、何歳でも、どうでもいいことなんですけど

ただ、旅行や、一時帰国のときに
お信に、アルバイトでやってもらう、猫の世話
最初から教え直さなければいけないのが、面倒です


ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | 60歳すぎの、オヤジのホーチミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

グラフィックデザインって、何?……41《グラフィックデザインは、もろもろのベース》

あっ、グラフィックデザインについて
もう一言、言わせてください

「Webを作ってる」とか「Webデザイナー」だというと
聞いたひとのほとんどがその仕事内容がわかりますよね

しかし、グラフィックデザインは
いつも言うようですが
なかなかその仕事内容を知られていない

Webデザイナーも、SEの仕事も
最終的には、形となり、目で見るものになります

つまり、それら、Webデザイナーの仕事も、SEの仕事も
全体の展開
フォントの選び方、使われ方
色の使い方
理解しやすいレイアウト

「グラフィックデザインの基礎知識が必要」
となるということなんです
最近は、インターネットで見る画面も
だいぶ、良くなってきました
しかし、まだまだひどいものもあります

ITに関わっているひとたち
営業で、プレゼンテーションなんてするひとたち
グラフィックデザインの大切さ
そのへん、ちょっと考察をしてみてください
面白いかも知れませんよ

ホーチミンでは、日本からの観光客が
にわかに増えているようですよ
ホーチミンは、行くところが限られているので
そのをバイクで、通りがかれば、気がつきます


ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | グラフィックデザインって、何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

グラフィックデザインって、何?……40《ベトナム人には、グラフィックデザイン=IT》

ホーチミンで、ベトナム人に私の職業を聞かれることが
しばしばあります
一応「グラフィックデザイナー」だと答えます
しかし、若い人はその99パーセントが
その仕事の内容を理解しないですね
これは、当然のことだと思います

日本ででも、今でも、50パーセントくらいの人は
その仕事内容を理解できていません
もう、慣れっこになってますから
そのことは、何とも思いません

ただ、ベトナムに来て、意外なことに気がつきました
ベトナム人の70パーセントくらいの人は
グラフィックデザイナー = IT だと思っているんですよね

それに、反応するのも面倒なので、淡々と
「印刷のようなものをやってますよ」といいます
そうすると、ほぼ100パーセントの人が理解して
話しは終わります
「それでいい」と私は思ってます

そうそう、意外なこととは
ここ2年くらいなんですよ
「グラフィックデザイナー = IT 」だと言われることがなんですよ

「ITとは《informationtechnology》情報技術
コンピューター・インターネット・携帯電話などを使う、情報処理や、通信に関する技術を総合的に指していう」
ことなんですね

ベトナムは、東南アジアの中でも
IT 産業が盛んな国です
若い人が多い、また、ITの世界に進む人が多いベトナムでは
「何で、ITとグラフィックデザインが結びつくんだ〜」と
国の違いに感心しています

一昔前は、グラフィックデザインといえば
ほとんど、ファッションデザインと間違われました


ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | グラフィックデザインって、何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

ベトナムからの撤退に向けて……12《会社の経費を削減したい》

8月に、ベトナムから撤退の予定ではいるんですけど
それまでに、会社の経費をなるべく少なくしたい
という思いはあります

一番デカいのは、会社の賃料ですね
とはいえ、月に500usd
でも、無駄なものは無駄
そのためには、でかい複合機とか売って
会社を身軽にしなければいけません

Mac miniは3台ありますが、これは新学校で充分使えます
日本にハンドキャリーします
でも、モニターは、電圧が違うので使えません
売りっ放すしかないですね

ほしい方がいましたら、格安でお譲りしますよ《笑》

きのうまで、3回に分けて載せました
「ベトナム人の、日本への研修」について
その道のプロの方から、いくつかの訂正や
アドバイスを、いただきました

私のネタ元は、実際に日本に行った
技能実習生(これが正しい名称だそうです)の
数人からの話をまとめたもの……
言い訳ですが、言葉や記憶の問題もあると思います

教室-80.jpg

恐る恐る、話をまとめている感を察していただけてたなら
ありがたいです
中には、事実と異なったこと
特に、金額とか……

訂正する能力がないので、訂正はしませんが
誤りを、お許しください《泣》


ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | ベトナムからの撤退に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

ベトナムの社会事情……66《ベトナム人の、日本への研修……3》

一般的に、どれくらいのお金を日本で貯めて
帰国できるかというと
それぞれの人や、勤めた会社の条件や
本人の生活態度によって違うようで
調べた人たちの数字は、50〜200万円でした
働いた代償とはいえ
40〜50万円投資してですから、いいですよね?

この研修のシステムで行く会社は
ほとんどが、生産業です
私が聞いた人のほとんどは
愛知のトヨタの関連会社でした

コンビニとかで見かけるベトナム人は
研修生ではなく、留学生のようですよ
留学生は、ベトナムで裕福な人の家族です

日本で会社を脱出して、不法滞在をする人も多いようで
これは、ベトナム側の人材紹介会社の
評価としてマイナスになります
帰国時、空港で給与を渡す、という方法もあり
これは、この「脱出者」を防ぐ意味もあります

この研修システムは
ひとり、一回しかできないことは言いましたが
一度この研修システムを経験したベトナム人は
「また、日本で暮らしたい」と夢見るそうです

日本のことをそんなにすばらしく思ってくれることは
とても、ありがたいと思います
その夢を見てホーチミンで暮らしている人に
何人か会いました
しかし、その夢を実現するには
日本は、ハードルが高いという現状に
むなしい気もしました


ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | ベトナムの社会事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

ベトナムの社会事情……65《ベトナム人の、日本への研修……2》

日本に行ったベトナム人は
会社の寮に住み込み、食事は付きます
土曜日、日曜日は休み
土・日の食事は、付く会社とそうでない会社があるようです

一日9時間の拘束時間(昼休みあり)で働くそうです
土・日出勤や、残業は喜んでする、ということです

給与は、招かれた会社にもよりますが
寮費、食事代、保険を引かれて、15万円前後
それでも、ベトナムでの給与の5倍程度になります

休みのときは、疲れ
ほとんどの人が、休んだり、遊んだりしているそうですが
まれに、一生懸命勉強をして
日本滞在中に、日本語の検定試験をクリアする人がいるそうです

逆に、休日とかに、寮の部屋で
仲間同士で、ギャンブルに明け暮れ
おまけに負け、借金を作り
ベトナムに帰るという最悪のパターンも、あるらしいです

ベトナム人の日本の滞在者数は
中国、韓国の次いで、3位です
当然、ベトナム人による犯罪も多く
特に、万引きが多く、それはこういう
ギャンブルにハマった研修生が多いらしいです

日本側の会社は、好意として
帰国まで、給与を預かっていて
空港で渡す
こともあるらしいです
この方法は、お金が貯まるでしょうね
滞在中、仕送りとして
ベトナムに送金するのは、OK〜!!だそうです


ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | ベトナムの社会事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

ベトナムの社会事情……64《ベトナム人の、日本への研修……1》

メリークリスマスですね
私にとっては、クリスマスは、ただ通過するだけの一日
おもしろくない、オヤジです《笑》

ベトナム人を「研修生」という名称で……
日本側としては、安い労働力として
日本で働くシステムについて解説します
(最初に言っておきます
これらは、ベトナム人からの聞き取りによるものです、間違いがありましたら、お詫びします《泣》
また、ご指摘ください)

中国からの研修生、というのはよく聞きますよね?
何となくは分かってましたが
具体的なことは、私は知りませんでした
ベトナムの場合のシステムをちょっと調べてみました

分かると、日本で働いている東南アジアの人が
どういう事情で日本に来たのかが分かって
興味が涌くでしょう

ベトナムでは、このシステムを
「日本研修」とか「日本に研修に行く」と呼んでいます

期間は3年、年齢は、18歳からで
年齢の上限は受け入れの日本側の会社次第です
レベルが高い、日本語習得の必要はないそうです
ひとり、一度しか経験できません

日本の会社が「人材がほしい」と思えば
ベトナムにある、人材紹介会社に依頼をします
これは、ホーチミンだけでも、数社あります

この人材紹介会社が、ベトナム国内で人材を集め
研修生となる人たちから、手数料(仮にこう呼びます)を受け取り
日本の会社に、送り届ける手続きを始める
ということです

手数料は、40〜50万円らしいです
手数料は、斡旋するベトナム側の会社により内容が違うようです
聞いた中で、一番いい条件
手数料は、いわゆる逃亡防止のデポジットで
3年後、帰国のときに、銀行の利息をつけて戻してくれる
ビザ取得や、往復飛行機代は
日本側の会社が負担してくれる、というもの

聞いた中で、一番悪い条件
手数料から、ビザ取得や、往復飛行機代を払う
つまり、自己負担
残金は、斡旋料として戻ってこないか
脱走防止のためのデポジットとなり、帰国時に返金

えらい差ですよね
この条件の違いを知らないで
日本研修を希望する若いベトナム人は、多いようです

50万円は、こちらの、一年分の給与に当たりますので
大きな問題です

ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(2) | ベトナムの社会事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

ベトナム・ホーチミンの暮らし……94《冬を逃れて、ホーチミンに来たKさん》

知っている人は知っている
以前上海に住んでいて、ホーチミンで暮らしていたKさん
2013年から、2年近くここホーチミンに住み
「ホーチミンは、卒業」と去年、本帰国しました

彼は、ネットさえ繋がればどこでも仕事ができるITおとこです
実にうらやましい仕事です
そのKさん、日本の冬を逃れようと
(……と思うんですが)
「12月から、2月までの3カ月間、ホーチミンで暮らす」ということで
再びホーチミンにやって来ました
いいですね〜

3カ月間ですから、ホテル暮らしではつまらないでしょう
アパートを借りました
市の中心まで、歩いても15分くらいの好立地です
アパート代は、電気料を込んで1カ月、400usd
安いですよね
エアコンをよく使うKさんの電気代は
多分5,000円から、8,000円くらいはかかると思います
部屋代は、350usdくらいの計算になります

こういうことができるのは
この街に住んだことがあるからですよね

私も、日本に帰ったら
1年に、一度は別の国に行って
2〜3ヶ月その国で暮らしてみたい
と思うんですが
突然知らない国に行って、暮らすのも
なかなかむつかしいものだと思います

「しかし、やってみたい」と思ってます
候補の国は、何と行っても「パラオ」《笑》


ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | ベトナム・ホーチミンの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする