2016年02月04日

上海の暮らし……33《3000年の歴史、中医……2》

その女医は、私に顔を近づけ
自分の舌で、自分の上唇を舐め……なんてワケないでしょ?
顔を近づけ、顔、目、口の中を見ました
それから、舌も……次は手のひら

実は、前日、偶然、爪の手入れをして
透明のマニキュアを付けていました
先生は、爪と私の顔を交互に不思議そうに見ていました
私は「目から火」状態
それ以降、光沢があるマニキュアは、絶対につけないことにしました《笑》

気を取り直したように、先生は……
診ていただいたところ「どこも悪いところはない」というんです
「ん?」という感じ
悪いところがないのなら、それはありがたいことなんですけど

「せっかく来たのに……」という顔をしていると
「マッサージでも受けていきなさい」と1時間マッサージ
お茶を処方?してもらい、帰りました
治療代は、2,000円くらいだったでしょうか?

中医を紹介してくれた受講生の授業のとき
一部始終を話ました
その子曰く
何人もそこに紹介したけど
「どこも悪くないといわれたのは、先生だけです」
というのです

うれしいような?
ずーっとあとになって考えてみたんですけど
私の中国語では通じない、と思い「何もない」と言ったんでしょうか?
どうでしょ?よく分かりません
しかし、ぼるようないい加減な先生ではない
ということは分かります

中医というもの、けっこう、興味ありませんか?
上海に行くことがあったら、訪ねてみたいと思いませんか?


ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | 上海の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

上海の暮らし……32《3000年の歴史、中医……1》

上海生活のとき
私の学校の受講生と話をしていて
とても評判がいいという中医がいるというのです
中医というのは、ご存知の通り
中国に古来からある、中国式の医療をする医師のことです

何でも、その中医は、顔を見ただけで
その人の体質や、もしも病気を持っていれば
その病気が分かる、というのです
面白そうですよね?

その受講生は、いろいろな日本人を紹介して
ほとんどの人に通訳として付いて行くらしく
その「ピタリ」さに、驚き、喜ばれるというのです

さっそく、私も行ってみました
大きな集合ビルの一室で、場所はすぐに分かりました
先生と会って、びっくり
ひげがもじゃもじゃの人が現れると思いきや
スラリと背が高い、黒髪の、30歳ちょい過ぎくらいの
上海美人です(どういう美人だ?)
恥ずかしながら、ちょいとパニクリました《笑》

「私は中国語がヘタなのですいません」
「よろしくお願いいたします」というと
「我也不会说日文」
「没关系」
「私だって、日本語はできないワ」
「気にしないで‼」
だって……


ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | 上海の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

上海の暮らし……31《驚異的な、上海の物価高》

ホーチミンに住んでいる、友だちである
40歳の、フリーランス女性デザイナー
ある上海の会社から、呼ばれて
上海で働こうか?と下見に行きました

結局、上海の物価の高さと
給与とのバランスが悪く

上海行きはなくなったんですけど……

私が、3年、上海を離れている間に
上海の物価がずいぶんと上がったことに
すごく驚いています
と同時に、いい時期に上海を去ったな、と思いました

円安のことも、影響しますよね
円安だけで、1.3〜1.5倍、変動しますよね
アパートの家賃は、5万円もあれば、快適に住めていたのに
今では、2倍の10万円出しても
そうそう快適な部屋はない

噂では聞いていましたが、そういうことです

中国の沿岸部では、物価が安い、ということは、もう「なし」ですね

物価が高いということは、人件費も高いということですね
日本の企業が、政治だけの理由だけでなく
中国を去って、ASEAN、アフリカ、南アメリカに行く
意味が分かりますね

ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | 上海の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

上海の暮らし……30

最近は10年なんて、あっという間に過ぎてしまいます
上海で暮らし始めたばかりの2004年のこと
静安寺という場所に
久光という大きなスーパーができました

その地下に日系のコーヒーショップがあり
時間を潰すため、そこへ一人で入りました
私以外に、お客はいません
10年前は、上海もこんなものでした
外国人くらいしか、コーヒーは飲みません

27歳くらいの可愛い中国人の女の子に
一杯熱珈琲」と注文
10分くらいしても来ない
女の子は、少し先の客席に座って、別の従業員とおしゃべり
まあ、ていねいにコーヒーを淹れているんだなと思い
待つこと5分

まだ、コーヒーが出ない
珈琲呢?」(コーヒーは?)
「あっ!《笑》」忘れてたようです
あのなあ、お前の仕事は何だ?と思いました
あり得ないことです

コーヒー-73.jpg

ウケたのと、ちょっとびっくりで
すぐ、上海居住歴で先輩のOクンに
「嘆き」を話しました

すると先輩のOクンが一言
「あのね、中国人が、ハイ!ってテキパキしてたら
日本人が中国なんてところにいる価値がないでしょ?」
確かに、です
その後10年、随所にそういうことを感じながら
中国で生活をしました

全員が全員というわけではないですが
そういう「気が回らない」というか
自分の仕事が分かってない人
が多いということです

残念ながら
ここベトナムでも、それはよく感じます

logo-no3.jpg
ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

2014年04月20日

上海のくらし……29

ダラ朝焼け.jpgダラ朝焼け.jpgダラ朝焼け.jpg上海から、一週間、ホーチミンを見に来た
日本人グラフィックデザイナーのAちゃんに
何か見たいものはある?
「ホーチミンのど・ローカルなところが見たい」

それでは、と、
私が持っている3台のバイクのうち、2台を使って
「二人で、ホーチミンの街を走りまわろうぜ」
ということになりました

Aちゃんは、スクーターしか運転したことがないという
私のバイクは、すべてギア付き
そこて、すべてトップギアで走ればいい
という、ちょっと乱暴なスタート
1時間半、ホーチミンのローカルを中心に
走り回りました

後ろすがた.jpg

夕方4時スタートにもかかわらず、土曜日ということもあり、
さほど大きな渋滞にハマらず
途中で、カフェでコーヒーを飲み、飲み
快適なツーリング

t2%≈-55.jpg

Aちゃんは、大喜び
なるほど、こんなホーチミンの案内の仕方もあるんだなあ?
と、思いました

しかし、事故は、自己責任
とはいえ、これが一番心配だったコト
無事、楽しめてもらって良かったです

logo-2のコピー.jpg
ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

2014年04月14日

上海の暮らし……28

上海でグラフィックデザイナーをしている
36歳、男、Aちゃんがホーチミンに旅行に来ました
Aちゃんは、アメリカでグラフィックデザインを勉強し
今は、東京上海を行ったり来たりの生活をしています

ホーチミンに到着、開口一番
上海は、空気が悪い
「ホーチミンもそういいもんじゃないよ」
「・・・・・・・・・・」

数年前、上海からいきなりブラジルに飛びました
グラフィックデザインの腕一本で
ブラジルで数年過ごし、ふたたび、上海へ
外観に似合わず、強者(つわもの)です

中国にいる外国人は、その空気の悪さ
撤収を考えているようです
Aちゃんも、きっとそれが頭にあるんでしょう?
ホーチミンが移住先の候補になってるんじゃないかな?
なんて、思います

「ホーチミンの街の雰囲気は、いいですね?」
なんて言ってました
私も、当然、そう感じてます

logo-2のコピー.jpg
ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

2013年12月19日

上海の暮らし……27

どこにでもある「寸胴(ずんどう)

ずんどう.jpg

メトロというホーチミンで一番でかいスーパーへ行ったとき
りっぱな「寸胴鍋」を見つけてしまいました
302万5000ドン《約14,000円》
寸胴鍋」を見ると思い出すことがあるんです

上海で暮らしている時、日本人で、北京の大学に留学をして
北京語が達者なKさんという人と、とても仲が良かったんです
そのKさんは、中国・四川省の可愛い女性と恋愛の後
結婚をして
いま、東京で暮らしています
絵に描いたような、幸せな結婚生活をしていて、
うらやましい限りなんですけど

あるとき、上海に仕事で来て
お酒を飲んでて
Kさん、ポツリ
寸胴鍋って言葉を、嫁さんの前で口に出したとき」
寸胴鍋ってなに?」
と、聞かれ
寸胴鍋のことを説明する前に
寸胴って何かということから説明しなければいけない」
「おれ、これから一生、こうしていかなければいけないのかな?」っと

なので、「寸胴鍋」を見ると、Kさんのことを思い出し
また、国際結婚の苦労について考えさせられるんです

もちろん、Kさん夫婦はとても、幸せにしてるんですよ
「ダフ屋」のいわれを教えてくれたのも、Kさんです

logo-2のコピー.jpg
ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

2013年12月05日

上海の暮らし……26

これは、広告ではありません
プログの本文です

c-1-3.jpg

まじめに作っていた5年前のフリーペーパーへの広告です
ほんの一部だけ紹介


logo-2のコピー.jpg
ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村