2016年04月26日

ホーチミンの交通事情……26《コンボイによる、貨物輸送量》

ホーチミンで、しばしばバイクで、国道一号線を走ります
ハノイからホーチミンを通り、カンボジアに抜ける主要な国道です
まさに、日本の国道一号線に当たります

私のふるさとでは、家の側を国道二号線が走ってました
私が小学生の頃、つまり、40年くらい前の国道二号線と
今の、ホーチミンの国道一号線との交通量が
だいたい同じくらいに、感じます

自動車の交通量だけで言えば
ホーチミンは、日本の40年前の交通量と同じくらいだと言えますが
ただ、トラックの積載量が違います
ホーチミンでは、20輪もタイヤが付いている
コンボイが堂々と、走っています
それで言えば、現在のホーチミンの流通量の方が多い
ということになります

しかし、また、ややこしいのですが
40年前の、日本の鉄道の輸送量は、半端ではなかったです
ふるさとの、家の近くに山陽本線が走っており
また、父が国鉄に勤めていたということもあり
私はヒマがあれば、線路のそばで
列車の、貨車の車両数を数えていました《笑》

ひとつの貨物列車で、40輛、50輛は当たり前
ときには、70輛もの貨車を引いていました
それを考えると、ホーチミン界隈の輸送量は
日本の40年前より、少なく感じます


「なんのこっちゃ?」という話で
なんでもない、戯言でした《笑》


ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | ホーチミンの交通事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

ホーチミンの交通事情……25《2ケツの警官、情けない》

ホーチミンは、引ったくりのメッカ
私も含め、ベトナム人も、日本人も
周りのほぼ全員が、被害に遭ってます

私の場合は、15年ちょい前、旅行に来てたときでした
バッグと、その中身をバイクの二人乗りに引ったくられたんですけど
海外旅行保険のおかげで
盗まれた相当の保険金は、いただきました

盗まれたものの領収書がほとんどあったことが
保険金の支払いをスムースにしてくれました

警官の、2ケツ、笑えますよね
情けない、頼りない感じもします
ホーチミンでは、3台に2台は、2ケツです

にけつ-99.jpg

上海では、公安(警官)が街に、たくさんいました
ですから、引ったくりなんて、聞いたことがありませんでした
つまり、治安は、ホーチミンに比べて、各段にいい
それに、理由、使い道はわかりませんが
いたるところに、ビデオカメラがあります

ホーチミンでは「歩いている」というか
街中にいる、警察官を見たことがありません
本当です
これでは、悪いやつらのやり放題ですよね

あと、ベトナム人は、もともと警官を信頼していないのでしょう
引ったくりに関しては、被害に遭っても
通報はもちろんのこと、届け出さえしません

ただ、上海で多いのが、置き引きです
これは、被害の話をよく聞きました
私は、上海では、そういった盗まれた被害はまったくなし
幸いでした

あと、半年あまりのベトナム生活です
つまらない事故に遭わないように
「最強の防御」を、していようと思います


ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | ホーチミンの交通事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

ホーチミンの交通事情……24《空港からのタクシーに問題が……2》

ふたつ目に、タクシー料金です

もう、私は20回以上も空港からのタクシーを利用してると思います
しかし、慣れはしません

タチが悪いドライバーがいますこれは、世界中どこでもいます
中国にも、韓国にもいました
日本には、いません《笑》

メーターを倒さないんですね
これは、どこの国に行っても注意するべきです
やたら話しかけるドライバーには要注意です
街中にはこういうドライバーはいません
空港からのタクシーのみです

私は、7〜8回に一度、こういうドライバーに当たります
そういうときは、何とかメーターを倒させるのですが
どうしてもメーターを倒さないときは
クルマを停めさせて、そこまでの料金は払わず
立ち去ります
こういうことが、2回ありました

ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(1) | ホーチミンの交通事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

ホーチミンの交通事情……23《空港からのタクシーに問題が……1》

ホーチミンの国際空港、タン・ソン・ニャット空港から
市の中心までのタクシーに問題があるんです
ずーっと前から思っていたことなんです
(国際も、国内も施設は違うものの、空港は同じ場所です)

タクシーについての問題は、ふたつあります
ひとつは、乗車案内を何もしてくれないこと

初めてホーチミンを訪れた人は、まずびっくりするでしょう
タクシー乗り場に、それらしい人はいるものの
何もしてくれません
混んでいるときは、最悪です、タクシーの奪い合いです
私は慣れましたが、まず、面食らいます
知ってるかぎりでは、世界最悪のタクシー乗り場です
もろ、社会主義国です
使う人の身に、1パーセントもなっていません

そういうタクシー乗り場を平気で使えてる自分が、怖いです

もし、ホーチミンを訪れるなら、空港では、自分のチカラで
とにかく
強引にタクシーを停めて、乗り込んでくださいね

ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | ホーチミンの交通事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

ホーチミンの交通事情……22《バイクの免許証がみつからない》

う〜〜ん
一時帰国のときから
バイクの免許証が行方不明になっていまいました
こちらに来てから1週間は、毎日探してたんですが
もう、あきらめました

最近、街に警察官が多く
やたらと取締をしてるようなので
イヤな気持ちで毎日走っていました

すると、こっちに戻ってきてたった3日目
信号無視で停められ
免許不携帯が発覚、二重の罪です

こちらでは、免許の有無なんて確認しないんですね
無免許も、免許不携帯も、
みんな無免許
になってしまうような雰囲気です

信号無視については、いろいろと解説はあるんですが
ここでは、省略します《笑》

警察官は、何やら、罰金表のようなものを出し
指差します
どうやら、無免許と、信号無視を差してるようです
それぞれが60万ドン《約3,000円》で
計、120万ドン


「Have you money ?」ときたので
「I have 」
手を出すので
「お願い、50万ドンにまけて?」
「OK〜!!」

50万ドンを放り投げて、そそくさと走り去りました
まあ、通行税くらいに思うことにしましょう?

相場は、30万とか50万ドンと聞いていたので
50万で済ませてしまいました
そのまま、無免許で乗っちゃっていい
というのも、へんですね
まあ、無法地帯ということですね《笑》

免許証はまた見つかりません
日本に置いてきたんでしょうか?

広告-55.jpg

ホームページアドレス
www.frameone.vn
(残念ながら、ここをクリックしても、接続しません《泣》)

ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | ホーチミンの交通事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

ホーチミンの交通事情……21《バイクの重要部分に欠陥》

16歳で、昔あった軽四輪車の自動車免許を取得し
途中ちょっとブランクがあるものの
46年間、バイクに乗ってます
ちょっとしたショックなことがありました

まあ、普通のバイクに興味がない人にとっては
なんてことないことなんですけど

こちらで乗ってるHONDAのバイクのステップが
取れかかった
んです

バイクの構造は、ステップと、シートで
全体重を支える
ものなんです
あっ、あと、ハンドルにも体重がかかります
ときには、ステップのみで体重を支えることもあります

そのステップが、ボルトのゆるみで
取れそうになったんです
いままでで初めての経験です

世界のHONDAの神話が少し壊れてしまいました
落ちついて考えると
神話を作った私自身もいけない
間違い
なぜならば
いくらHONDAとはいえ
ベトナム生産のバイクなんですから
バイクを組み立てているのは
ベトナム人

そりゃ手を抜くひともいますよね

ボルトを占めるには
ネジトルクと言って
その箇所の負荷に応じて決まっている
ネジの締めに対しての
チカラの欠け具合というものがあるんですが

あるベトナム人がたまたま、その日
このトルク計を見ないで
感に頼って仕事をしただけ

とはいえ、日本ではあり得ないことでしょう?
なんとか「こんなことがあったよ」
とHONDAに伝えたいまですが
まあ、そこまではしません

広告-55.jpg

ホームページアドレス
www.frameone.vn
(残念ながら、ここをクリックしても、接続しません《泣》)

ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 18:19| Comment(0) | ホーチミンの交通事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

ホーチミンの交通事情……20《元F1レーサー中島悟》

元F1レーサーの中島悟とは、同じ歳です
だから何だって話ですが……
もっと、言わせてください

笑福亭鶴瓶もそうです
あと、桃井かおり、岩城滉一、山下達郎
鶴瓶は、別にして
みんな好きなタレント、ミュージシャンです
団塊の世代の先輩の影に隠れて
努力してきたって感じですよね

中島悟が、20年くらい前にテレビで言ってました
聞き手が「中島さん、安全運転のポイントは、何でしょう?
すると
「自分のクルマをヘリコプターから見ているように、考えることです」と
つまり、「周囲の状況を掴んで
その中のどの位置にいるか?ということを常に考えること」
と言ってました
これは、すごく正しいと思いも私はそれ以降、実行しています
すると、当然、ミラーで、後ろを見ることも頻繁になります、とか
バイクでクルマの影にいるとき
自分は、このクルマのミラーに入ってるんだろうか?とか

こんな繊細な運転をしているのに
ここベトナムでは通じません

娘がよく言ってました
「どうして、ベトナム人は、右にウインカーを出して
左に曲がるの?」と
「そう、ここは、無法地帯なんです

それでも、私はこの中島悟式運転方法を実行しています
郷に入るにしろ、入らないにしろ
事故は起きない方が面倒がないですね

広告-55.jpg

ホームページアドレス
www.frameone.vn
(残念ながら、ここをクリックしても、接続しません《泣》)

ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | ホーチミンの交通事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

ホーチミンの交通事情……19《公安に捕まる…3》

ちょっとお金を払おうかな?
という気持ちになり
お金を出したところ
「100万ドン《約5,000円》だ」という

あれれ、さっきは35万ドンと言ったのに…………
「マニュアル本のようなものを、見せてください
さっき35万ドンだったじゃないか?」
というと
長い間渋ったが、こちらの粘り勝ち
本を出して、さっきと違うページを開いた
そして、100万ドンと繰り返す
よく見ると、そこには、250万ドンと書いてある
こりゃめちゃくちゃだ
「明らかに、賄賂を求めていると確信する」

ここで下がると、すべての日本人が甘く見られる
とは、思いませんでしたが

普段から、社会主義国のチカラがある奴には
少々の不満を持っていたので
「やばくなったら、すぐ引き返そう」と思いながら……

そのマニュアル本を取り上げ、
さっきの35万ドンのページ
はっきりと覚えているので
そのページを開き
35万ドンでしょ?」というと
なんか、わめいていたが、そうだという

この辺が引き時、と思い
50万ドンを渡すと
釣りはよこさない「ムカ〜」
ときたのです

でも、引き下がりました

まあ、職質の記念に、と
検問風景をi-Phoneで写真に残しておこうと
撮影を始めたら
「よせ」という

でも、言葉はわからない
「パチリ」「パチリ」

ポリス-44.jpg

ポリス-77.jpg

公安は、みんな後ろを向いて、避けて行きました
「そうか、写真はとってもいやなんだね?
とバイクに股がり
さあ行こうとしていたら
ひとりの公安が、こっちに来て
私のウインドブレイカーの、首元のファスナーのところに何やら入れた

さっきの検査結果のペーパーかな?
と思い、見ると
なんと、50万ドンではないですか?

「うるさい奴にかかったな?」とお金を戻したんですね?
バイクを走らせながら、ちょっと考えました

こっちも、ビールは飲んでないが
ウイスキーを飲んでたので
50万ドンくらいなら
くれてやってもよかったかな?

公安は、みんな若い男です
ちょっと落ちついて話した
白髪まじりの歳の勝利だったかな?
というお話しの結末

まあ、怖いもの知らずで、やってしまいましたが
外国に住んでて
気をつけなければいけないこと
これは、自ら騒ぎ、トラブルを回避すること

ずーっと、黙ってて、50万ドン払うことが
トラブル回避だったのかな?
と、ちょっと反省

今度同じようなことがあったら
50万ドン払うべきでしょうか?
みなさん、どう思いますか?

logo-no3.jpg
ブログランキングに参加しています
励みになります
よろしければ、ランキングボタンをクリックしてください
▼ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
posted by あたふた at 00:00| Comment(0) | ホーチミンの交通事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする